コンテンツ
育毛ランドトップ

DHT男性ホルモン対策隊

髪の成長期延ばし隊

レディス育毛ランド

皮脂防衛隊

食事.栄養改善隊

システィン眼精疲労警護隊

脂漏性脱毛革命軍

禁煙支援隊

塩素自衛隊

ストレス癒され隊











リンク&情報


情報リンク













育毛ランドへようこそ


育毛を推進する髪の国! 育毛ランドは、

抜け毛、薄毛を進行させる髪々の敵、
「打倒!ダツモン」を目的として誕生した電脳国家です。

薄毛帝国に棲む、育毛の敵、悪のモンスター、ダツモン。

抜け毛、薄毛、脱毛と戦う育毛アイテム!
それは、正義の育毛モンスター。

人呼んで、イクモンで〜〜す♪

5-αリダクターゼをはじめとする、
テストステロン、ジヒドロテストステロン、皮脂&酸化した皮脂、
などの悪のダツモンを攻略する、外攻系イクモン。

ストレス&イライラ、
などのダツモン連合を癒して治す、内攻系・癒しのイクモン。

私、国王ヘアケア1世が召集したイクモン情報をお届けいたしま〜す♪

育毛薄毛総合情報

男性は体毛は濃いのに、頭髪は、
抜け毛や薄毛、脱毛に悩みやすいのですが、
それは、男性ホルモンの影響なんです。

男性ホルモンには、毛を太く濃くする働きがあります。
ですが、頭髪だけは反対に、髪の成長期を短くします。
それが、抜け毛、薄毛、脱毛の原因になるんですね。

太く濃い大人の髪に成長する前に、
髪の成長が止まってしまうことから、
次第に、細い子供のような髪や、
幼児のようなうぶ毛が増えてくるんです。

反対に、女性は体毛は比較的薄くて、毛髪は豊かです。
それは、女性ホルモンには体毛を抑制し、
髪の成長を促進する働きがあるからです。
ですが、女性も中年以降女性ホルモンが次第に減少し、
その結果、抜け毛や薄毛・細毛、脱毛に悩む人も増えてきます。

近年女性の抜け毛・薄毛が増加していて、その数は、
300〜600万人とも言われています。

女性の男性型脱毛症が米国の女性管理職に多いと言われます。

米国は大変な競争社会で、
管理職にはより強い闘争心を必要とされること、そして、
そのようなプレッシャーからくるストレスもまた強いのです。

猿山の中で一番男性ホルモン量が多いのは、
一番権力を持っているボス猿です。

権力に付随する競争と闘争、これが男性ホルモンを増大させます。
これは人類の場合も同じで、社会的地位の高い人は性別を越えて、
比較的男性ホルモンが多めです。

ところが、ボスの地位から陥落し、闘争心を失った失意のボス猿は、
男性ホルモン量が次第に減ってきます。

男性ホルモンが多いと、怒りっぽくなったり、イライラしやすいです。
反対に、怒ったり、イライラしたりといった状態が続いても
男性ホルモンは増えてきます。

現代のストレス社会は、男女ともストレスを増大させ、
抜け毛、薄毛を促進させやすいんです。

男性ホルモンは、怒りっぽく攻撃的にさせる作用があります。
なので、去勢された♂犬は大抵性質が大人しくなりますね。
イライラしている人は、
そうでない人よりも男性ホルモン量が多いのです。

ストレスでイライラしていると、男性ホルモンの働きで皮脂の分泌が
促進され、顔が脂っぽくなったり、皮脂が毛穴に詰まったりもします。

食生活の洋風化に伴なって、油脂の摂取量が増えていることも、
皮脂を増やし、抜け毛や薄毛増加の原因になります。

以前、イライラを鎮めるα波音楽(モーツアルト等)が、
髪に効く音楽シリーズとして発売されたことがあります。

精神的にリラックスすれば、イライラや、
抜け毛・細毛の原因になる男性ホルモンも減ってくるんです。

アロマテラピーなど、癒し系のアイテムを利用するのも良いです。

運動にも男性ホルモンを減らす効果があるんですが、中でも、
散歩やウォーキング等、前進性のある有酸素運動は、
男性ホルモン減少効果も高く、育毛に最適な運動なんです。

筋トレや水泳のように、同じ場所に留まって行う運動や、
同じ場所を往復するような運動は、前進性に欠け、
イライラしやすく、効果が弱めなんです。

頭皮の脂分が薄毛の人は比較的多く、
薄毛でない人の平均96μgに対して、薄毛の人は平均122μg です。

皮脂は紫外線やカラーリングなどの刺激で酸化します。

そして、酸化した皮脂は毛根細胞を傷つけ、髪の成長を阻害します。

またストレスによる緊張は、
身体に交感神経優位の状態を持続させます。
交感神経は血管を収縮させ、頭皮の血流を低下させます。
すると、頭皮の皮膚温が下がり、新陳代謝も低下して、
髪に栄養が行き渡りにくくなってきます。

実際にも、頭皮に炎症のある場合等を除いて、
薄毛の人は、頭皮の温度が顔の温度と比べて0.5〜1.5℃ほど低いのです。
血流を改善する成分を含む育毛剤が多いのもうなずけます。

ちなみに、タバコは血管を収縮させ、血流をも低下させます。
その結果、体温も(頭皮温度も)低下します。
また、抜け毛や薄毛の原因物質・DHT(活性型男性ホルモン)
も増加させるのです。

フケの原因に真菌(カビ)が関係していることがあり、
さらに、真菌の繁殖は、脂漏性脱毛症の原因でもあるのです。

最後に、髪はタンパク質やミネラルで作られ、
夜10時〜朝2時が一番髪の成長する時間帯です。
何より、食事と睡眠が重要です。

極端なダイエットや夜更かしは、髪にも良くありません。

このページのトップに戻ります。





Copyright(c) 2005-2012育毛ランド All Rights Reserved ☆