コンテンツ
育毛ランドトップ

DHT男性ホルモン対策隊

敵はDHTにあり

プロペシアの効用

悪と戦うミカンなの

ミカンが進化したってイイじゃない

みかん育毛剤手作りしよう















リンク&情報















女性のハゲ、薄毛っていう 悪と戦う みかんなの

リモネ〜ン♪ リモネ〜ン♪ リモネンって。。なんやネン?

薄毛の原因物質は、男性ホルモンが5-αリダクターゼと言う酵素で変化した
活性型男性ホルモン(DHT/ジヒドロテストステロン)だと考えられています。

育毛界の嫌われ者、死神(髪)DHTを作りだす悪の化身…

その名は5-αリダクターゼ。

ヤツに対抗できるパワーはこの世にないものか。。。

ところが、北里大学で、かんきつ類に含まれているD-リモネンが、

5-αリダクターゼの働きを84%も抑えることがわかりました。

でも、それだけじゃないんです。

毛乳頭毛母細胞の増殖に関係する組織。

毛母細胞…髪の本体毛包を作る元になる細胞。

毛包…頭皮下で毛母細胞や毛乳頭を包み込んでいる組織。


みかんに含まれる数種類のタンパク質は、

毛乳頭細胞150%も増殖活性させるんです。

髪が薄くなってくる原因の一つに頭皮の固さがあります。

頭皮が硬く突っ張ってくると、皮膚が薄くなって、
弾力性がなくなってくるんです。
その結果、毛細血管や毛根が圧迫されて…血行だって悪くなってきます。
そんなんだったら、髪に良い成分も浸透しにくいです。

でも、みかん抽出液は優れた保湿効果で、頭皮を軟らかくするのです。
固い頭皮から、柔らかい頭皮に改良すれば、
毛根がのびのびと広がり、髪も元気になってきます。

毛髪は皮膚の細胞が変化してできたものです。
なので、お顔だって、乾燥して荒れてるのは良くないって
わかりますよね?

それは髪も同じです。
みかんの保湿効果で、
男性にくらべて、頭皮が弱いといわれる女性にも安心です。
みかんちゃんって。。。


ただ美味しいだけぢゃない!!!! 


リモネンとは…?

リモネンって、かんきつ類に含まれる精油成分なんです。

みかんの皮の中にはブツブツがありますよね?
リモネンは、その中に含まれる成分です。

みかんの皮をむいた時に、手がすこしぬるぬるするでしょ?
そのぬるぬるこそが、リモネンです。

かんきつ類の育毛効果は、日本農業新聞によると、
@甘夏、A伊予かん、みかん、Bはっさく、Cレモンの順に高いです。

また、テレビ番組の「スパスパ人間学!」で、かんきつ類の中では
グレープフルーツが、リモネンを一番多く含んでいると放送されています。

なので、新聞の順番は、日本で生産されているかんきつ類の中で、なのかも?




国王ヘアケア一世
「むむむッ…みかん
 これほどのイクモンパワーがあるとは!?」

カミングアウト将軍
「育毛ランドはみかんが豊富です。
陛下、これは絶好のチャンスですぞ!!
薄毛帝国最凶のダツモン、5-αリダクターゼ一なにするものぞ!」

ヘアケア一世
「して、リモネンパワーを身に着けたイクモンアイテムはどこに!」

カミングアウト将軍
「それが…まだ未完成でございます。。。」

ヘアケア1世「……Orz」

カミングアウト将軍
「心配なさらなくても、日本から既に輸入しております」

ヘアケア1世
「そうか?余は、伊予かんが好物であるぞ!」

カミングアウト将軍「……Orz」



その他の効用(アロマテラピー)

テレビ番組の「スパスパ人間学!」で、かんきつ類の中では、
グレープフルーツがリモネンを一番多く含んでいるので、
ダイエットには、グレープフルーツをすすめていました。

大阪大学の永井克也教授(生化学)と新島旭・新潟大名誉教授(生理学)
のラットを使った実験で、

ラットに香りを10分間かがせると、すぐに神経活動が増加して、
1時間後には信号が2倍以上に増え、
6週間後には体重に変化が現れました。

女性のダイエット目的には、30分間グレープフルーツの香りをかぐと、
体温の上昇効果が長時間持続し、ダイエット効果が得られます。

グレープフルーツの香り(リモネンの香り)は交感神経が活発に働き、
体内脂肪の分解が進んでやせられる。

ラベンダーの香りは副交感神経の働きを促して体重を増加させる。

ことがわかりました。

リモネンワインで、女性の体脂肪が、1週間で5%以上も減ったという
話題が、フジテレビのニュースで放送されたこともあります。

リモネンワインの作り方。

ポリフェノールの豊富な赤ワインに
オレンジの皮のスライスを入れた飲み物です。
グラスワイン一杯にオレンジの皮を2o程度に薄切りしたものを
3〜4枚ぐらい入れて毎日一杯飲みます。

かんきつ系ガムに含まれるリモネンには、

脳に刺激を与えて、活性化させ(脳に強いβ波)集中力を高めたり、
脳の視床下部を刺激して、リラックスさせる働きがあります。

副交感神経がすっごく優位な時って、ブルーな気分になったり、
やる気がでなかったり、なんだかだるくなっちゃいます。

そんな時には、
交感神経に刺激を与えることで、気分がリフレッシュできるんです。

みかんちゃんはこちらで〜す♪

レディス育毛ランド

このページのトップに戻ります。

Copyright(c) 2005-2012育毛ランド All Rights Reserved ☆